スパイ容疑・住民虐殺

1945年 9月7日 『第32軍の降伏』

第32軍の降伏文書調印式 琉球列島の「降伏」 ⑧ 『降伏調印式は9月7日午前11時20分から嘉手納の第10軍司令部前広場で行われる運びになった。広場の前にはシャーマン戦車、パーシング戦車、自動推進の155ミリ大砲が威容を誇り、陸軍と海兵隊の射撃部隊が整列し…

1945年 8月31日 『牛馬以下にあつかわれて』

降伏文書調印式までの動向 日本本土への進駐 ⑤ 『8月31日、厚木飛行場には1000名の連合軍将兵が到着し、横浜に進駐する。』(308頁) 『前日、関内に進駐した連合軍将兵の就寝は早かった。それでも山下公園に設営された幕舎には、自家発電装置による電灯が煌々…

1945年 8月20日 『見せしめのために殺す』

〝沖縄〟という米軍基地 夜間戦闘部隊の新生タイガーキャット飛行中隊(VMF(n)533)の副隊長、ビービー少佐(ミネソタ州出身)。彼は太平洋戦での2回目の遠征である。彼の強力な新生タイガーキャット(F7F)は、夜間パトロールの準備をしている。(1945年8月20日撮…

1945年 8月18日 『〝終戦〟3日後の住民虐殺』

〝沖縄〟という米軍基地 嘉手納B滑走路に停留するおよそ200機のダグラスC-54スカイマスター。南西太平洋地区及び米国にある全ての基地から飛来したもので、日本や満州からの捕虜を移送する任務を負っている。輸送機のスペース確保のため戦闘機は移動し、人員…

1945年 8月11日 『歓喜に沸く連合国』

日本の降伏に世界が歓喜 『日本政府の対外情報発信を担う「同盟通信社」が8月10日、対外放送で、日本の降伏受け入れ意思を表明した。翌11日のアメリカ新聞各紙には「日本、降伏受け入れ」の活字が大きく踊った。連合国は歓喜に沸いた。 しかしこのニュースは…

1945年 7月17日 『八原の脱出計画』

米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 泡瀬飛行場にある第14海兵航空群野営地の全景(北方面)。沖縄本島にて。着工から19日後。(1945年7月17日撮影) Panorama (north) of MAG-14 camp site at Awase Airstrip, Okinawa, nineteen days after breaking …

1945年 6月29日 『続く久米島の悲劇』

米軍の動向 戦利品 日本製小銃をおみやげとして家に送るために箱を作る第7師団技師オコア軍曹(1945年6月29日撮影) Sergeant Ed Ochoa, Yolo, Calif., a 7th Division mechanic, makes a box in which to send home his souvenir Japanese rifle. 写真が語…

1945年 6月28日 『沖縄の基地化と収容所』

米軍の動向 空母搭載機群による仮装攻撃演習において追跡訓練をおこなう空母エセックス (CV-9)。40ミリ砲と5インチ砲で狙いを定めているところ。沖縄近海にて。(1945年6月28日撮影) Off Okinawa, USS ESSEX(CV9) (5” and 40mm) guns trained skyward for tr…

1945年 6月27日 『銃殺された久米島住民』

米軍の動向 日本陸軍第32軍総司令部(牛島中将総司令官)の置かれた89高地の壕を視察した後、海兵隊や陸軍の司令官と話すスティルウェル大将(中央)。背後にその壕の入口が見える。 (1945年 6月27日撮影) Gen. Stilwell (center) talks to Marine and Arm…

1945年 6月26日 『久米島の悲劇の始まり』

米軍の動向 ラッキー大佐率いる第15海兵連隊に所属する5人の砲兵(バージニア州出身)。拡声器を通して沖縄戦勝利を祝賀記念するラジオ番組に耳を傾けている。(1945年6月26日撮影) Five Virginia Marine artillerymen of the 15th Marines, commanded by C…

1945年 6月24日 『敵は米軍ではなく友軍だ』

米軍の動向 掃討作戦 夜間の敵の反撃を防ぐために日没直前に張り巡らされた有刺鉄線。これが敵の狙撃手の侵入を困難にさせる。(1945年6月24日撮影) The rolls of barbed wire, strung up shortly before dusk, will help prevent an enemy counterattack du…

1945年 6月21日 『米軍の「沖縄作戦」終わる』

米軍の「沖縄作戦」終わる 『沖縄作戦は82日間にわたる戦闘の後、1945年6月21日に終わった。豪雨と困難な地形に加えて、狂信的な敵が複雑な洞窟網に拠って頑強に抵抗したため、この戦いはアメリカ軍にとって史上最大の激戦のひとつとなった。 ---「沖縄作戦…

1945年 6月20日 『方面軍からの感状』

米軍の動向 後方で進む基地建設 米軍は、沖縄に上陸した直後から、前線では戦闘を、後方では基地建設をした。これは、日本本土への出撃基地とするため、また、沖縄での地上戦の足場として、航空基地建設、補給路確保のインフラ整備が必要なためである。 ピカ…

1945年 6月19日 『無敵皇軍参謀たちの最後の姿』

米軍の動向 新・第10軍司令官 『バックナー中将の戦死は、第10軍参謀長からニミッツ元帥に報告され、…19日、第3海兵軍団長のR・S・ガイガー少将が中将に昇進するとともに第10軍司令官に任命された。海兵隊の将官が軍司令官に任命されたのはこれが初めてだっ…

1945年 6月18日 『バックナー中将、戦死』

米軍の動向 バックナー中将、戦死 『6月18日の昼すぎ、第10軍司令官バックナー中将は、真壁付近に布陣する第2海兵師団の前線観測所に立ち寄って海兵隊のさいごの進撃状況を視察中、日本軍の47ミリ対戦車砲の一弾が岩の下部に命中し、相次いで五発の砲弾がと…

1945年 6月4日 『米軍、小禄半島に上陸』

米軍の動向 米軍、小禄半島に上陸 小禄(おろく)半島・奥武山(おおのやま) https://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/V/USMC-V-II-9.html 『…午前4時45分、まず砲兵隊が1時間にわたる予備砲撃で、4300発の砲弾を上陸予定地の前にある高台に撃ち込んだ。 第4海兵…

1945年 5月28日 『最前線に戻った海軍部隊』

米軍の動向 首里に迫る米軍 『5月の末、戦線が首里のまわりに固まるにつれて、首里の町にいちばん近くなったのが、北西部から進んできた第1海兵師団と、北および北東の方角から攻めてきた米第77師団であった。偵察隊の報告によると、日本軍の首里防衛の火力…

1945年 5月14日 『“戦力”として必要』

米軍の動向 総攻撃4日目 第6海兵師団第22連隊第1大隊が防衛する前線での第10軍総司令官バックナー中将と第6海兵師団司令官シェパード少将。2人の司令官はこの地点から初めて、共に那覇の町を眺望した(1945年 5月14日撮影) LtGen Buckner, Command General …

1945年 5月12日 『今帰仁村の住民虐殺』

米軍の動向 総攻撃2日目 安里(あさと)・真嘉比(まかび): シュガーローフ: (52高地) 『海兵隊がはじめて首里の東側、真壁との間にある高地シュガー・ローフの日本軍に遭遇したのは、5月12日であった。第22海兵連隊のG中隊は、戦車11輌を先頭に、安里川のほう…

1945年 4月26日 『前田高地の激闘始まる』

米軍の動向 1号線(現在の国道58号)の交差点で交通誘導を行う憲兵(1945年4月26日撮影) MP's directing traffic on road junction of Route #1, on Okinawa. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 南進する米軍 城間(ぐすくま):「アイテム・ポケット」 『…

1945年 4月25日 『津堅島と北部山中の悲劇』

米軍の動向 南進する米軍 『島の東側では、第7師団は散発的な砲撃を加えることによって、簡単に178高地の頂上まで達することができた。 小銃の音もなく機関銃の砲火もなかった。日本兵の死体も2、3しかなく、戦場にはありがちな遺棄死体や武器弾薬の乱雑さも…

1945年 4月18日『戦場の女性たち』

米軍の動向 北進する米軍: 本部(もとぶ)半島を制圧 本部半島・名護(なご) 小規模の激しい戦闘の中、進軍する海兵隊員。(1945年4月18日撮影) Marines advancing through heavy brush fire. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 105ミリ砲で掩護する砲兵隊(…